トップ

学校での下履きを丁寧に使う

学校での上履きの使用

さまざまな学校の上履き

学校の上履きには、さまざまな種類があります。布やビニール製で甲にゴムの通ったバレーシューズや半円形のエラスチックゴムが入った前ゴムシューズが一般的です。色は白が主ですが、つま先や甲のゴム部分に赤や青といった色がついているものも珍しくありません。健康を意識して、草履やビーチサンダルなど鼻緒のついた敷物を採用している学校もあります。その他にも校内を走り回らないようにスリッパを採用していたり、二足制ながらも上履きを採用せずに室内は裸足というところもあります。そもそも二足制自体を採用しておらず、室内でも土足という地域もあります。

髪型

学校の上履きは奇麗に

学校で使用する上履きは、活動する分だけ汚れが激しくなります。その消耗度も激しいためこまめに洗うなどのお手入れが大切です。小学校時代の上履きは、足のサイズが変わりやすいため、定期的に大きさを買い換える必要があります。それと同時に子供の成長も垣間見ることができます。洗う際には、靴専用の洗剤とブラシを使用することがオススメですが、予めぬるま湯に洗剤と共に漬けておくと汚れがスッキリと落ちやすくなります。白い色の靴だと汚れが目立ちやすくなるので注意が必要です。名前などを見やすく大きく書くと分かりやすくて便利です。

↑PAGE TOP