トップ / 学校の髪型に関する校則

学校の髪型に関する校則

学校での髪型おしゃれ

学校によって異なるヘアアレンジ

学校によって校則が異なるものの、近年は生徒の髪型に対して寛容なところが増えています。特に女子生徒は、少しでも同性や異性の注目を集めようと、各々が工夫を凝らしたヘアアレンジをしています。進学校など、校則の厳しいところでは「身だしなみ検査」などに引っかかるため、あまり派手なヘアアレンジは出来ませんが、くせ毛の生徒を中心に「ストレートパーマ」をかけてサラサラにする人は多いようです。また、私立の高校を中心に、染髪やパーマをかけている生徒も多く見られます。ただ、この年代の子を持つ親からすると、本業である学業に支障が出ないように、ヘアアレンジはほどほどにさせたいものです。

髪型

学校に髪型をキメて行く必要性。

最近の小・中学生の男の子を見てると大人顔負けのかっこいい髪型の子がいますよね。しかし、あのワックスでツンツンに固めた髪型で学校へ行っているのかなと思うと少し疑問を感じます。学校の女の子にモテたい一心なのでしょうか、親・先生をはじめ、大人からの評価はあまりよくない気がしてしまいます。高校生や大学生ならばマナーとして身なりを整える意味では当たり前かという感じですが、小学生や中学生はまだ義務教育ですから、自分の身なりを気にする前に教養を身に着けるために勉強をしてほしいです。おしゃれは中学を卒業してからでもまだまだ遅くはありません。見た目も大事だけど中身を磨くことも忘れてはいけないと思いますよ。女の子も周りの人もきっとあなたの内面を評価してくれるはずです、魅力的な人間になりましょう。

↑PAGE TOP