トップ / 学校での素敵な思いで

学校での素敵な思いで

学校に求めるもの

小学校に取り入れられる英語教育

私が子供の頃、英語は中学校からの必修科目でしたが、今では小学校から取り入られています。また、外国人教師が教えているような教室もあります。国際競争力を高める意味でも、子供の頃から英語にふれさせて、将来的に外国人と積極的なコミュニケーションが取れるように育てようという狙いだそうです。しかし、日本語が十分に話せないうちから英語を教えて大丈夫なのかとの、批判的な意見もあがっていますが、日本語と英語、どちらもバランス良く学べるのが理想でしょう。二ヶ国語ぐらい話せた方が、通訳などで活躍できる可能性も高くなります。

髪型

進学学校へ進学する方法について

子供が進学学校に行かせたいと考えているが、どのように教育したらよいかわからないと悩んでおられる方も多いでしょう。入試試験や面接方法の対策など、専門の進学塾などに行かなければなりません。進学学校に合格すると、教育水準も高く、通学している学生のレベルも高いことから、必然的に子供の教育レベルも上がります。また、エスカレーターで中学・高校・大学に進学することができるので、今後の受験対策などもする必要がなく、安心です。受験対策が大切になるので、専門の進学塾などへ行き、しっかりと対策をとることが大切です。

↑PAGE TOP